BEAUTY

リコの肌質、肌荒れ履歴について

100人いれば100通りの肌質があります。

ここでは、わたしの肌質や肌の悩み、スキンケアレビュー記事の扱いついて書いていきます。

ricofilmではスキンケアの使用レビューを多く掲載しているので、あなたの肌にも使えるかどうか判断基準としてください。

2020年の肌の状況

わたしの肌の悩みは大きく3つです。

・大人ニキビとニキビ跡
・肌の赤み
・毛穴の開き

とくにニキビは、20歳を過ぎたころから常に一つ、二つあるような状態が長く続いていました。今も体調が悪かったり、生理前になるとすぐにアゴや頬にニキビが出来てしまいます。

肌質は、脂性肌もしくは混合肌だと思います。肌が粉を吹いたり、パキパキするような乾燥はあまり感じたことはないです。

また、基本的には敏感肌でもなく、比較的どんな化粧品でもあまり刺激を感じることはないです。

花粉症皮膚炎:かなり症状が治まって、治りかけの状態

ただし、花粉症皮膚炎を患っているため1月~4月までは極度の敏感肌に変身します。

ひどい状態になると、基本的にどんなスキンケアもヒリヒリと刺激を感じてしまいます。とにかく痛い、痒い、辛い!化粧なんてとてもじゃないけどできない状態です。

一番ひどいときは顔がパンパンに腫れ、乾燥し蛇のうろこみたいな皮膚になったことがあります。

ちなみに花粉症皮膚炎は皮膚科で治療を行っています。

20歳頃までは特に悩みなし

今は様々な肌の悩みと向き合っていますが、20歳頃までは肌トラブルとは無縁でした。

高校生の頃は周りの友達がニキビ等に悩んでいる隣で、私は肌がきれいでラッキーだなーとか思っていました。

あのころのわたしはなにもしていないのに完璧な肌でした。

あれれ?おかしいぞ?ニキビがぽつぽつ

ここで何かが変わり始めます。

大学に進学し、一人暮らしを始めたことによって生活習慣が変わり、肌の調子が少しづつ悪くなっていきました。(ついでに太り始めます)

今までできたことがなかったニキビがポツポツ出来始めます。ただ、出来てもわりとすぐに治っていたので、あまり気にしていませんでした。

社会人になり肌の治安悪化!

社会人になり、生活習慣が悪化するにつれて、肌の治安も同時に悪くなっていきました。

顔には常に大きなニキビが2~3個(治りかけも含めると5個以上)あるような状態でした。

最終的には会社の先輩に「顔が汚い」と言われる始末。(この先輩は本当にひどい)

ただ、これまで肌に悩みがあまりなかったので、スキンケアに関心が無く、なにが自分の肌に合っているのか?どんな製品を選べばいいのか?正しいスキンケアの方法は?などなど何も知らない状況でした。

そのため、どのようにニキビに対応したらいいのか分からない状態が続きました。

ブラック企業退社。それでも治らぬ肌

生活習慣があまりにもひどく、最終電車で毎日帰宅する日々に本当に疲れてしまい会社を退社。

その後、規則正しい生活を取り戻しましたが、一度崩れた肌はなかなか簡単には戻りません。

とにかく試す!試す!試す!

とにかくニキビを治したい!

そのため、社会人の力(お金)を使って、ニキビに効果があると言われていたスキンケアを片っ端から試しました。有名どころは、ほとんど手を出していると思います。

今考えると、ひどいニキビは皮膚科で正しく治療すべきだったと思います。早く行っていれば、今ニキビ跡に悩む必要も無かったかもしれません。

ついに出会ったアイテム”シカクリーム”

日本製のニキビ関係のスキンケアはほとんど試したところで、韓国スキンケアが少しづつ日本に入ってくるようになりました。

藁をもすがる思いで、ニキビに効果あると言われていた韓国製スキンケアを試し始めます。そこで、わたしの肌を変えてくれた”運命のシカクリーム”に出会います。

レビューに惑わされず一度試してほしい

わたしは20歳を過ぎたころから、ニキビに悩み続けてきました。

レビュー記事を読んで、いろいろな製品を試しました。これさえあれば治る!みたいに書かれている製品も数多く試してきましたが、それで治ることはありませんでした。(もちろん治った人も中にはいると思います。)

レビュー記事を書いている人間が書くことではありませんが、スキンケアのレビュー記事は100%正しいわけではありません。

ricofilmで掲載しているスキンケアレビューも数多くある効果の一つとして考えていただければと思います。