LIFESTYLE

わたしがサスティナブルに興味を持ったきっかけ。

わたしは2020年4月ごろまでゼロウェイスト、エシカル、サスティナブル、ヴィーガン、、、の意味すら知りませんでした。

しかし、とあるきっかけを境に

・サスティナビリティ(持続可能性)
・リジェネレーション(環境再生)
・ヴィーガニズム

この3つの軸の実現を目標に暮らしています。

わたしがなぜこのような暮らしを始めたのか?
ぶろぐやSNSで発信しているのか?

このぶろぐを見にきてくれた人に向けて、自己紹介がてらまとめていきたいと思います。

きっかけは保護猫を引き取る

保護猫シェルター時代の我が家のねこちやん

全ては、保護猫を引き取ることから始まります。

引き取るにあたって猫について勉強した結果、ペットショップの現実や保護猫の厳しい運命などを知りました。

二階堂ふみ「FOCUS ON」

https://www.instagram.com/p/B9Gf-EDFvEm/?igshid=w5fwwksszvli

保護猫について調べていくうちに、二階堂ふみさんがELLEで行っている連載を知ります。

その連載ELLE FOCUS ON では、二階堂ふみさんが動物愛護を中心に地球環境や人権などあらゆる問題を取り上げていました。
そして、これは今すぐわたし自身もなにか行動を起こさなければいけないと思いました。

ELLE FOCUS ON

世界で一番重要なスピーチ

さらに決定的だったことは、「世界で一番重要なスピーチ」をYouTubeで見たことです。

この動画は、ゲイリー・ヨーロフスキーさんが「ヴィーガニズム」について約1時間ほど熱く語っている動画です。

・畜産業の問題点
・動物を食べるということ(道徳的に、健康的に、)
・人間はそもそも肉食じゃない
・畜産業と環境問題 など

「なぜ?ヴィーガンになる必要があるのか?」がはっきりと分かる内容です。

わたし自身も少しずつ動物性の食べ物の量を減らして、将来的にヴィーガンに移行すべきだと考えました。

(動画のコメント欄には、この動画をきっかけにヴィーガンになる決意をした人が多くみられます)

無知は罪

さらに、様々な媒体の情報を読んだり見たりした結果

価値観が完全に変わりました!

命を頂くことについて知らなさすぎたし
リサイクルは全然リサイクルじゃないし
マイクロプラスチックなんて知らなかったし
使っている化粧品は動物実験してるし
アイメイクのラメは遠い子供が危険と隣り合わせで取っているものかもしれないし、、、

どれもこれも「知らなかった」で済まされない問題ばかり。

そしてあらゆる問題を知ってしまった今、暮らしを変えないという選択肢はありませんでした。

持続可能な暮らしを決意!でも情報少なすぎる

よしやるぞ!と思った途端に、日本でサスティナブルな暮らしをすることの難しさを実感しました。

とにかく、選択肢がないんです。

スーパーに売っているのはプラスチックばかりで、ヴィーガン向けの食べ物もかなり限られる。

そして、理解のある人も少ない。(SNSにはたくさんいるのになぜ!)

発信することで情報と仲間を集めたい!

サスティナブルな生活を始めるにあたって、数少ない有益な情報として様々な個人ブログを参考にしていました。

しかし、わたしのようなゼロから始める人間にとっては、少し難易度が高いものもありました。

そのため、本当にサスティナブル初心者のわたしが初心者なりに無理せずにできたことを発信していこうと考えたのです。

難易度が低ければ低いほど、より多くの人がサスティナブルな暮らしを実戦しやすくなりますから。

また、発信することによって、新しい情報も集まりやすくなるというメリットもあります。

まとめ

一つのきっかけから始まり、「単純にこのままじゃまじで全然あかんやん。」と理想と現実のギャップに絶望した時期もありました。

しかし、今は「無理せず、自分らしく、もっと人に、動物に、植物に、地球に優しい暮らし」を目標に少しずつ良い方向に暮らしを進めています。

このぶろぐが、少しでも理想の暮らしの実現に役立ってくれたら嬉しいです。