LIFESTYLE

【女性向け】ミニマムなジムの持ち物とおすすめのスキンケア

ジムに通い始めてもうすぐ1年が経とうとしています。当初はジムに通い続けれるか不安でしたが、今のところ週2回のジム通いを続けています。体重に変化はありませんが、体脂肪は約4%ほど落としました。今後も体重はキープしつつ、体脂肪だけ落として理想の体型を手に入れたいと思います。

ここでは1年間ジムに通っているわたしの最低限の持ち物を紹介していきたいと思います。

通い始めたときはいろいろ持ってジムに行っていたのですが、最近は可能な限りコンパクトにするように心がけています。荷物を身軽にすることで、忘れ物も少なくなりますし、準備が楽になるのでジムに行くハードルが低くなるんです。

準備に時間をかけず、トレーニングに集中できる持ち物の作り方をシェアしていきます。

【トレーニングメイン】ジムの持ち物

今回わたしがシェアするのは「筋トレ」をメインで行うときのジムの持ち物です。ヨガや水泳などのトレーニングではまた別のものが必要になってくるのでご注意ください。

トレーニング中に使うもの

・トレーニングウェア
・スポーツブラ
・タオル
・靴
・靴下

わたしが通っているジムにはウォーターサーバーがあるので、自分で水分を持っていくことはありません。

トレーニングウェアは少しいいものを使っています。はじめた当初はユニクロで一式そろえたのですが、一か月ほどでヨレヨレになってしまったため、今はスポーツブランドのものを選ぶようにしています。やっぱり汗をかいた時の着心地が全然違うので、トレーニングウェアはケチらずに購入するのがおすすめです。また、女性はスポーツブラに一番お金をかけるべきです。2000円で買えるスポーツブラと5000円のスポーツブラはやはり性能が違います。ジムに通い始めるとき、さまざまなものを買い揃えると思いますが、一番お金をかけてほしいのはスポーツブラです。

トレーニング後に使うもの

・着替え
・着替えの下着
・バスタオル
・お風呂セット
・スキンケア用品

ジムの持ち物の中で一番場所を取るのがバスタオルです。わたしはいつも通常の大きさよりも少し小さ目めのミニバスタオルを愛用しています。洗濯物の量を減らすことができますし、乾くのも早いです。ジムに通い始めると洗濯の量がどうしても増えてしまうので、できるだけコンパクトに早く乾くものを選ぶと家事の負担も少なくすることが出来ますよ。また、ジムによっては有料でバスタオルの貸し出しを行っているところもあるので、お金に余裕がある人はそういったサービスを利用するのもいいかもしれません。

お風呂セット

・シャンプー
・リンス
・ボディソープ
・クレンジング
・洗顔料

お風呂で使うものは100均で購入したカゴにいつも入れています。

シャンプー・リンス・ボディソープは100均の容器に入れ替えています。クレンジングや洗顔料は購入した容器のまま持ち運んでいます。

ジムで使うお風呂セットは、基本的にジムバックに入れっぱなしです。以前は自宅で使っているものをジムに行くときにお風呂場から持っていっていたんですが、これだと絶対に忘れ物をするんですよね。そのため自宅用のものとジムで使うものは分けて使用しています。

おすすめのスキンケア用品

ここからはジムに最適なスキンケア用品を紹介していきます。

洗顔料 ビオレ

こちらは泡で出てくる洗顔料です。そのため、泡立てネットが必要ありません。ビオレのコレを使うことで一つ荷物を減らすことができます。

もちろん、製品の性能自体も優秀。パチパチ弾ける炭酸泡がジム後の火照った顔をクールダウンしてくれて、汗でベドベドになった顔の油分をごっそり洗い流してくれます。それなのに、洗顔後の肌は全然乾燥しないんです。もちもちなんです。

一般的に使う洗顔料としても優秀であることは間違いないのですが、ジム後のシャワータイムで使うとより効果を発揮してくれます。

洗顔料 ハヌルホス

ビオレとは違い、こちらは泡立てない洗顔料です。こちらも泡立てネットは使いません。

わたしはボトルタイプではなく、小包装のものをジムにいくときに使っています。やっぱり使い切りのものは便利ですね。

スキンケア ハトムギ保湿ジェル

ジム後のスキンケアはこれ一本で終わりです。

化粧水、乳液、クリームなどなど家で使っているものを全て持っていこうとするとどんでもない量になってしまうので、ジム後は潔くハトムギジェルのみです。オールインワンを使うのに抵抗がある人もいるかもしれません。わたしもそうでした。しかし、一時期このハトムギジェルだけでスキンケアをしていたときに肌の調子がとても良くなったことがありました。そのため、なんだか肌がおかしいというときはハトムジギェルだけでスキンケアをするようになりました。使うときはジェルを贅沢に使います。時間をあけて最低3回は重ね付けをします。お手頃な値段なので、ジムで使うにはちょうどいいんですよね。

スキンケアをこれ一つでできるようになると、荷物が一気に減りますよ。

まとめ 女性版 ジムの持ち物 

わたしのジムの持ち物の原則はミニマム。これ以上ないほどにシンプルにしています。

ジムのバスタオルを使ったり、個人ロッカーを借りたりすればもっと荷物は減らせるのですが、お金がかかるのでそこまではしていません。毎日ジムに通うにようになったら、考える程度ですね。

・トレーニングウェア
・スポーツブラ
・タオル
・靴
・靴下
・着替え
・着替えの下着
・バスタオル
・お風呂セット
 ・シャンプー
 ・リンス
 ・ボディソープ
 ・クレンジング
 ・洗顔料
・スキンケア用品

これ以上は減らせないほどにコンパクト。

初心者がジムに通い続けれるかどうかは、ジムに行くハードルをどこまで下げれるかだと思います。持ち物をコンパクトにして、思い立ったらすぐにジムに行けるように準備していきましょう。