LIFESTYLE

【ナイトブラなぜ必要?】カタチの良いバストを維持する!

ナイトブラしてますか?

絶対にナイトブラするべき!と思ってはいるものの、普通のブラシャーやノーブラで寝ている人は多いのではないでしょうか?

わたし自身、28年間ナイトブラに縁がありませんでした。

しかし、30手前になって重力に逆らえなくなってきたかも?と思い、ナイトブラを始める決意をしました。

ナイトブラはなぜ必要か?

あなたはどんなバストが理想ですか?

わたしは大きい小さいはもちろん気になりますが、それ以上に大切にしたいのがバストのカタチです。

離れてしまったり、形が崩れてしまったバストは大きさよりも大問題。

出来ることなら、年齢を重ねても形の良いバスト、小さくてもふっくらとしたカタチを維持していきたいです。

美しい形を守る!クーパー靭帯

クーパー靭帯って聞いたことありませんか?

ナイトブラをする理由はこのクーパー靭帯を守るためなんです!

クーパー靭帯は、コラーゲンを主成分とした硬い結合組織です。 乳房は胸部の皮下にある皮下筋膜の浅葉と深葉の間にあります。 クーパー靭帯はその両者をつなぎ、乳腺組織や脂肪組織が脇に流れないようにしています。
靭帯は筋と違って伸び縮みするものではなく、ある一定の距離を同じ長さに結ぶ構造です。しかし、クーパー靭帯は無理やり伸ばされるような時期があります。それは、バストが大きくなる”思春期”と”授乳期”。この時期は、乳腺の細胞や水分が増え、乳房の内容量が増えるので、クーパー靭帯もその大きさに付いていくために、引き伸ばされるのです。

では、逆にバストが小さくなったらどうなるのでしょう。伸びたとき同様、乳房の内容量に応じてクーパー靭帯は縮むのでしょうか。残念ながら…縮みません。クーパー靭帯はコラーゲンが主成分なので、悲しいかな一度伸びたり切れたりしたら、元の長さに縮んだり、元の状態に復元することはできないのです。

一度伸びてしまうと二度と戻らないクーパー靭帯は美しいバストを保つために必須。

クーパー靭帯が伸びる原因は?

クーパー靭帯が伸びる原因は大きく2つあります。

1:加齢
詳しい説明は省きますが、年齢が上がるとクーパー靭帯が伸びたり、切れたりして垂れます。

悲しみですね。

2:激しい運動
走ったり、ジャンプしたりすると、胸って揺れますよね?その刺激でクーパー靭帯が伸びたり切れたりしてしまうんです。

つまり、垂れます。

無防備な睡眠時

これまでわたしは睡眠時、ナイトブラは使わずに日中用のブラジャーかノーブラで過ごしていました。これがだめでした。

自分ではわかりませんが、睡眠時は寝返りをうつことで結構動いているんです。

そのため、出来るだけ動かしたくないクーパー靭帯も寝ているうちにかなり動きます。

しかし、日中用のブラジャーやノーブラでは、睡眠時のクーパー靭帯の動きに対応できないんです。

クーパー靭帯伸びちゃうんです。
つまり、垂れちゃいます。

そのため、睡眠時には寝返りをうっても、バストが動かないようにナイトブラをする必要があるんです。

ワイヤーは睡眠障害にもなる

寝ているときにブラジャーのワイヤーの痛みが気になったことはありませんか?

実は自分では気がつかないうちに、ワイヤーが睡眠の妨げになっていることがあるんです。

ワイヤーのあるブラジャーではなく、ワイヤーのないナイトブラに変えることで睡眠の質が上がると言われています。

実際、わたしもナイトブラに変えたことで、睡眠に入る時間が短くなりました。ノンワイヤーのナイトブラを着けてみてはじめて、ワイヤーがストレスになっていたことに気がつきました。

まとめ

ナイトブラはふっくら柔らかいカタチの良いバストを維持するためにとても大切な役割を持ちます。

それだけでなく、睡眠の質を上げたり、ワイヤーのストレスも無くしてくれます。

将来の投資として、無理のない範囲でナイトブラ生活始めてみてください。