LIFESTYLE

スマホだけでアイキャッチを作る5つのアプリ

このブログ「ricofilm」で使われている画像はすべてiPhoneだけで作っています。

しかも、全て無料のもの。
課金は一切しておりません。

ここでは、現在わたしが使っているアプリと使い方を紹介します。

今使っているアプリは5つ

1 foodie
2 VSCO
3 ibis paint X
4 Phonto
5 ストレージ

それではわたしのアプリの使い方をまとめていきます。

foodie

foodieでやること

・写真撮影
・フィルター加工

写真は基本的にfoodieで撮ります。

foodieはフィルターをかけた状態で写真を撮ることができるので、完成形をイメージしやすいんです。

VSCOで写真を撮ったから加工するのもいいのですが(一般的にはVSCO使う人が多いですね)わたしは面倒くさがりなので写真撮影とフィルター加工が一気にできるfoodieを使ってます。

また、自撮りしたときの肌が、何もしなくてもナチュラルな補正がかかるので便利なんです。

細かい加工もfoodieでやります。

・明るさ
・コントラスト
・彩度
・カラー
・グレイン
・ハイライト
・影
・シャープ
・暖かさ
・フェード
・ビネット
・ぼかし

だいたいのことはfoodieで出来てしまいます。

VSCO

VSCOでやること

・細かい加工
・サイズ変更

基本的にfoodieで加工をします。

・露出
・コントラスト
サイズ調節
・シャープ処理
・明瞭度
・彩度
・トーン
・ホワイトバランス
・肌の色
・ビネット
・粒子
・フェード

ただ、サイズ変更をしたいときはVSCOで細かい加工をします。foodieはサイズ変更ができないんですよね。そこだけが残念。

Phont

Phontでやること

・文字入れ

Phontを使っている人は多いですよね。とても有名なアプリです。

わたしがよく使っているフォントはこんなかんじ。ベーシックなものから変わったものまで揃ってます。便利。

ibis paint X

ibis paint Xでやること

・手書き文字
・画像切り抜き
・ありとあらゆる加工

本格的な絵を書くことができるアプリ。

手書きの文字を書いたり、写真を組み合わせてコラージュを作ったり、ありとあらゆることができてしまいます。

ストレージ

ストレージでやること

・容量を下げる

ブログに画像をアップするときに、容量が大きいと負荷がかかります。そのため、一度容量を下げる必要があります。

ブログをやっている人には必須のアプリですね。

まとめ

SNSの発展によって、アプリの使い方、加工の仕方がたくさん拡散されるようになりました。わたしもさまざまなブログやインスタで加工の方法を学びました。

このブログで使っている画像加工の方法も誰かの参考になれば幸いです。