BEAUTY

【日本の半額】海外製クリニークふき取り化粧水違いと効果

ニキビや毛穴に効果があると口コミで話題のクリニーク ふき取り化粧水

わたしも実際に使ってみて、ニキビに効果を感じたため普段のスキンケアに取り入れています。

しかし、一つ気に入らないことが「とにかく減りが早い」ってこと!

100ml(4000円程度)朝晩使うと1ヶ月待ちません。

そこで今回は半額程度で購入できる海外逆輸入品を試してみました。
日本純正とどう違うのか、レポートしていきます。

値段の違い

今回わたしが買ったものは、クリニーク クラリファイングローション2
クリニークのふき取り化粧水のシリーズで一番人気にある商品です。

・日本製値段
100ml:2,700円(税込)
200ml:3,600円(税込)
400ml:6,000円(税込)

・海外製値段
400ml:3,500円(Amazon)

Amazonで購入すると400mlの場合、半額ほどで購入することが出来ます。cosmedenetというサイトだと400ml3,000円程度で購入できます。(全国送料無料で3日~2週間程度で到着)

わたしはすぐにゲットしたかったので、今回は注文して翌日に到着するアマゾンで購入しました。ちなみに、今回私の元に到着したのは、イギリス産でした。

成分の違い

輸入品(イギリス製)成分:水、変性アルコール、グリセリン、ハマメリス、アセチルグルコサミン、メントール、ヒアルロン酸Na、トレハロース、リン酸2Na、フェノキシエタノール、紫401、赤201、赤227

イギリス産のクリニークの成分です。

わたしが感じた使用感の違い

ここからはわたしが実際に使ってみて感じた日本製と海外製の違いをレビューしていきます。

アルコールが強い

使用感は口コミでもあるように海外製のほうがアルコール感が強いです。

例えるなら、メンズギャツビーとレディースギャツビーぐらい違います。

メンズギャツビーって肌に触れると一瞬肌が熱くなって次にスーっと爽快感がきますよね?

海外製のクリニーク ふき取り化粧水もそんな感じで、一回肌が熱くなって次の瞬間に爽快感がきます。これがたまらなく気持ちいい!

メンズギャツビーぐらい刺激が好きな人は海外製クリニークおすすめです。逆に肌が弱い人はアルコールフリーのものを選びましょう。

肌荒れトラブルは今のところなし

付けた瞬間にアルコール感が強くて刺激が心配だったのですが、今のところ肌荒れトラブルは起きていません。

ただし、敏感肌の人やアルコールが苦手な人は注意が必要です。

ニキビに効果はあり

日本製クリニークふき取り化粧品で大人ニキビが少し収まったのですが、海外製品でも同じように効果を感じることができました。

生理前に必ずニキビが出来ていたのですが、ふき取り化粧水を始めてから本当に出来なくなりました。出来ても小さい赤ちゃんみたいなニキビですぐ治る。

ニキビに悩んでいる人はふき取り化粧水試してみてください。

ボトルは一緒

ボトルデザインは変わりません。
強いていうなら、成分表がすべて英語なだけ。

ドバッと出やすいボトルデザインも変わりません。

アルコール感が得意であれば海外製品買い!

海外製を一カ月使ってみましたが、日本製と大きく違うのはアルコール感刺激が強い!というところだけ。

わたしの場合は肌トラブルも起こらず、ニキビや毛穴の引き締めに効果を感じたため今後も海外製を使いたいと思います。(とにかく安いので)

値段を気にせずに朝晩使いたい人は、海外製品も試してみてください。