LIFESTYLE

「今すぐ一緒に準備しよう」女性のための防災グッズリスト

防災グッズ準備していますか?
買っただけで安心していませんか?

被災者の話で「もっと準備しておけばよかった」という声を情報番組やSNSで耳にしたことがある人は少なくないはずです。

とくに女性の場合は、通常の防災バックだけでは物足りない必需品がいくつかあります。

ぜひ一緒に普通の防災バックに女性に必要なものを追加して自分専用の防災バックを作りましょう。

ここでは、わたしが準備した自分専用の防災グッズの中身を紹介していきます。あなたの防災グッズ準備の参考にしてみてください。

参考にしたのはこの本

kindleで無料で読むことが出来ます。

中身はマンガになってて、めっちゃくちゃ読みやすいです!

準備しておくべき防災グッズに加えて

・災害時の状況
・災害時の性犯罪
・日常で気をつけておくこと
・カセットコンロでのご飯の炊き方など

実際に災害に遭われた方のリアルな「事前に知っておけばよかったこと」が簡潔に書かれています。

一度目を通しておくだけでもかなり違うので、チェックしてみてください!無料なので!!!

買ったのは「Defend 防災グッズ」

防災士が選んだ「3日間生き抜く防災セット一人用」を購入しました。楽天の防災セット部門で一位を獲得している防災用品です。

※2019年3月現在、商品の内容が微妙に変わっていました。今の方が内容が充実している!

決めては”手回しラジオライト”

1年保証【高評価】ダイナモライト 防災ラジオ [ ソーラー発電 / 手回し充電 / USB充電 ] モバイルバッテリー [ FM / AM ラジオ ][ LED 懐中電灯 / デスクライト / 緊急サイレン / iPhone Android スマホ 充電 ] 防災 停電 防災グッズ 防災セット Defend future

わたしはこのラジオライトが欲しくて「Defend 防災グッズ」を選びました。

これすごく良いよ!

・ソーラー充電
・手回し充電
・USB充電
・LED懐中電灯
・デスクライト
・FM/AMラジオ
・緊急サイレン

これだけの機能が付いているラジオライトが付いている防災グッズは、わたしは他に見つけれませんでした。

「Defend」中身

□エアーマット
□アルミブランケット
□5年保存水
□アルファ米
□モーリアンヒートパック
□非常用トイレ
□救急セット
□ウォータータンク
□ラップ
□ホイッスル
□軍手
□三角巾

最低限必要なものは揃っているかんじです。ちょっと非常食が少ないと思うので、追加で防災バック以外の場所にも非常食と水を備蓄しておきます。

追加で入れておくもの

男女共通で必要なものがこちら。

□現金2万円ぐらい(千円札と硬貨)
□一週間分の薬
□メガネ
□身分証明(古い免許証や健康保険証のコピー)
□貴重品(枕元に置いておく)

女性用防災グッズ

女性用防災バックも売られていますが、普段使いしているものを入れておいた方が使い勝手もよくわかっているので良いと思いますよ。

衛生用品

□生理用ナプキン
□ブラ付キャミソール
□下着ライナー
□歯磨きシート
□水のいらないシャンプー
□ボディシート
□携帯簡易トイレ(追加)

美容用品

□小さな鏡
□スキンケア用品
□日焼け止め
□ケアゴム
□最低限のメイク用品

非常食

□キシリトールガム
□お菓子
□栄養ドリンク
□プロテイン
□チョコ
□飴

「サバイバルファミリー」でイメージ作り

ある日、突然サバイバルが始まった————!?東京に暮らす平凡な一家、鈴木家。さえないお父さん(小日向文世)、天然なお母さん(深津絵里)、無口な息子(泉澤祐希)、スマホがすべての娘(葵わかな)。一緒にいるのになんだかバラバラな、ありふれた家族…。そんな鈴木家に、ある朝突然、緊急事態発生! テレビや冷蔵庫、スマホにパソコンといった電化製品ばかりか、電車、自動車、ガス、水道、乾電池にいたるまで電気を必要とするすべてのものが完全にストップ!ただの停電かと思っていたけれど、どうもそうじゃない。次の日も、その次の日も、1週間たっても電気は戻らない…。情報も断絶された中、突然訪れた超不自由生活。そんな中、父が一世一代の大決断を下す。

電気や水道が当たり前の生活のなかでは、災害に合ったときのイメージってやっぱり付きにくいものです。

そこでわたしが提案したいのが「サバイバルファミリー」を見ること!わたしはこの映画をみて、すぐに災害対策を始めました。

・電気がないと何ができないのか?
・水道から水が出ないとどうなるのか?
・”生きる”のに最低限必要なものはなにか?

ということが2時間の映画でさくっと分かりますよ。

まとめ

ここでは、わたしの防災バックの中身を紹介してみました。

もし、まだ防災グッズを準備していなかったら参考にしてみてください。