LIFESTYLE

はじめてタンポン使ってみた

わたくし、28歳にして初めてタンポンを使ってみました。

正直言ってタンポンの方がナプキンよりも圧倒的に楽です。

「どうして今まで使ってこなかったんだ?」ってくらい楽です。

これまでタンポンを使ってこなかった人、使ってみたいけど不安なところがある人に向けて、わたしの体験をシェアしていきます。

※正しい使い方をしましょう。

タンポンのきっかけは旅行

わたしが初めてタンポンを使ったきっかけは旅行です。

泊まりで温泉旅行に行く前日に、予定よりも早く生理になってしまったんです。

わたしはすぐにお風呂とお布団の心配をしました。

今回の旅行は部屋にバスルームがない部屋を予約していたため、大浴場に行くしか方法はありません。お布団も借り物なので絶対に汚せない。

そこで、タンポンという手を思い付きました。

タンポンを使ってみよう

タンポンはナプキンと同じく生理用品のひとつです。

からだの外で経血を受けるナプキンとは違い、タンポンはからだの中で経血を吸収します。

そのため、ズレる、漏れる等の心配がありません。

(最近は月経カップという生理用品も話題ですね。これもちょっと気になっている。まだ勇気でなくて使えてないけど)

タンポンのメリット

使い方を確認したうえでメリット・デメリットを確認していきましょう。

・頻繁に交換の必要がない
・漏れる心配がほぼない
・コンパクトなので持ち運びが楽
・アウターに響かない
・白系の服も着れる
・蒸れない
・においが気にならない

タンポンのデメリット

・慣れないと装着が難しい
・ちゃんと入れないと痛みが発生することがある
・8時間以上の使用はできない
・タンポン→タンポンの連続使用ができない
・間違えて使うと細菌の繁殖の可能性
・取れなくなったときは産婦人科にすぐ行く必要がある

使い方は公式動画が一番分かりやすい!

正直はじめはすっごく不安でした!異物を入れるわけですから当然ですよね。

【公式ユニチャーム】画像で解説ページはこちら

怖いわ〜と思いながら、ユニチャームの公式youtubeで使い方を確認しました。

このソフィーの動画はとても分かりやすく使い方を解説してくれているので、これからタンポン使う人は是非一度見てみてください。

【公式】ユニチャーム

友人の「超ラクだよ!」は本当でした

定期的に交換する必要のあるナプキンと違って、ナプキンは最大8時間ほど持ちます。

そのため、保育士や接客業など自分のタイミングでトイレに行けない友人はタンポン派だったんです。

「タンポンめっちゃ楽だよ〜!」と以前から聞いていたのですが、実際に使ってみて本当に楽だ!って分かりました。

この楽さは使ってみないと分からないと思います。

心配だった痛みや異物感はゼロ!

一番わたしが心配だったのが、痛みや異物感。

装着直後は、なんか違和感あるような気がしていたんですが、10分ぐらいで全く無くなりました。

単純に心配しすぎていたんだと思います。

一回慣れてしまえば、もう全然大丈夫。

実際に感じた良いところ

・蒸れなどの不快感が全くない
・座ったり、立ち上がるときの不快感なし
・ドバッと経血がない→これは本当にすごいぞ!
・生理用品の消費が少ない
・ベッドを汚す心配がない→よくシーツを買い替えてたので助かる!

快適すぎて、自分が生理中であることを忘れます。本当に忘れる。

実際に感じた悪いところ

・取り出す時に手が汚れるときがある
・排尿時に紐が汚れると不衛生

トイレのときに紐の処理がちょっと面倒なことと、取り出すときにコツが必要、それ以外はとくに悪いところはないですね。

まとめ

タンポンという選択肢が増えてから、以前と比べてかなり快適に生理期間を過ごすことができるようになりました。

はじめて使うときはとても不安になるかと思いますが、一度使ってみると全然簡単なのでぜひ試してみてください。

ただし、使用方法は絶対に守り、正しく使いましょう。