LIFESTYLE

【防災グッズ】持ち運べる明り「ソネングラス」もしものときに役立つソーラーライト

素敵なインテリアにもなる防災グッスとしてじわじわ話題となっている「ソネングラス(SONNENGLAS)」

・本当に太陽光で充電できるの?
・どれぐらい光るの?
・ディティールを詳しくみたい!
・リアルな口コミを知りたい!

今回は「ソネングラス(SONNENGLAS)」を実際に購入し、普段から使っているわたしがこういった疑問にお答えします。

結論からいうと、「ソネングラス(SONNENGLAS)」はちゃんと光ります!しっかり光ります!
一つ持っているだけで、様々なシーンで使用することができるので超便利。

「ソネングラス(SONNENGLAS)」のリアルな口コミを知りたい方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

太陽光だけで光る「ソネングラス」


ソネングラスは、「メイソンジャー」に、ソーラーチャージパネル付きのLEDランプがついているだけのとてもシンプルなつくりの照明です。2013年の発売以来、世界11カ国300万人以上販売しているそう。(2021年3月現在)

充電方法はいたってシンプル。メイソンジャーの蓋部分にソーラーチャージパネルがついており、それを直接日光に当てることで充電されます。電気がないような状況でも、太陽の光さえあれば使用することができます。また、USBによる充電も可能なので、状況に応じて充電方法が選べるのは便利です。

公式サイトによれば、バッテリーは800回以上満充電にすることが可能。保証期間終了後は、電池交換サービス(有料)を利用することで、半永久的に使用することができます。

スイッチを入れっぱなしにしていて、必要なときに充電切れという心配もありません。

驚いたことに一定以上の明るさ(3000ルクス:日の出ほどの光)を感知すると10分後自動的にオフに切り替えてくれます。逆に一定程度の暗さ(2000ルクス)を感知するとオンになるそうです。

周囲の明るさを感知して、自動的にオンオフを切り替えてくれるソネングラス。頭良すぎる。

さらに、電池残量が50%以下、もしくは8時間連続使用をすると自動的に光量が50%に調整されるそうです。この機能があれば照明が突然充電切れになるなんてこともなさそうです。

フル充電で約24時間灯りが続く

「ソネングラス」はフル充電しておけば約24時間使用することができるため、夕方から深夜まで約8時間使用しても約3日は充電無しで大丈夫なようです。といっても、太陽の光が当たる場所においておけば勝手に充電してくれるので、日ごろから窓際においておくことで充電の心配は必要ありません。いざというときにすぐ使えます。

ちなみに、公式によれば太陽の光の強さによって充電スピードが異なり、晴天時の昼ならば、1時間の充電で点灯2時間分のが充電ができます。しかし、曇りの日の朝方や夕方の太陽なら、6時間の充電でようやく1時間分の充電になることもあります。USB充電では4時間で100%の充電になります。

充電スピードが天候に左右されてしまうのはソーラーパネルの難点ですね。

耐水仕様で屋外やお風呂でも安心して使える

「ソネングラス」は耐水機能があるため、雨に濡れても大丈夫。お風呂で使用するのも問題ないようです。

もしもの時に、心強い存在に

いつくるかわからない自然災害。

自宅で電気のない生活を余儀なくされた場合に、光があるのと無いのでは心の余裕が大きく変わってくるのは想像に難くありません。

それが柔らかな光であればより心の余裕ができるような気がします。

おしゃれ雑貨で終わらない、実用性の高さ

ソネングラスは、一見ただのおしゃれで癒やされるインテリア雑貨に見えますが、ちょっとした読書灯としてはもちろん、屋外に簡単に持ち出せる照明や、災害時の非常灯としても活躍してくれる、万能アイテム。

気になる人はぜひチェックしてみてください。