お掃除

我慢もお金も必要なし。毎日のごみを”三分の一減らす”までにやったこと。

半分は無理でも三分の一の削減はできそうな気がする

ごみを減らしたい!でも、いきなり毎日のごみを限りなくゼロにするって現実的ではないですよね?一時的にできたとしても、たぶん続きません。

それよりも、ちょっとした工夫や考え方の変更で日々のごみを三分の一減らしてみる、そしてそれを長く続ける方がよっほどいい。

ここでは、わたしがローウェイストな暮らしを始めるときに一番はじめにやってみて効果があったことをリストアップしています。

ローウェイスト生活の参考にしてみてください。

ステップ01 お金を使わずにできること

ごみを受け取らない

自宅用の梱包、ポストに入ってる広告、無料のサンプル・試供品、使う予定のない割引券。

セールに行かない

「安いから買う」はゴミを増やしてしまうことが多いです。

通信販売を控える

ぽちっとすると翌日には届く便利な通信販売ですが、大げさな梱包はごみが多く発生する要因でもあります。

週に一回冷蔵庫を空にする

一週間で冷蔵庫の中身を全て食べきります。これだけで食べ物の消費期限切れを防ぐことができます。

ステップ02 毎日必ず使うものを変える

トイレットペーパーを箱買い

まとめ買いは基本しませんが、①絶対に消費するもの②防災備蓄となるもの、は例外的にまとめ買いしています。

手洗いを固形石鹸にする

日課となった手洗いは固形石鹸にしています。液体せっけんは消耗が早かったので変えて正解でした。

ペットボトルを水筒にする

毎日コンビニに行ってペットボトル買っていませんか?

古着を選んでみる

ファストファッションが大量のごみを発生させているということを知り、わたしは古着メインにシフトしました。

ステップ03 掃除を変える

重曹、クエン酸、過炭酸ナトリウムを活用する

キッチンシンク、排水溝、コンロ、トイレの便座、トイレの床、浴槽、カビ防止、カビ落としなど。これらはわたしがローウェイスト生活を始める前に常備していた洗剤です。

今は重曹、クエン酸、過炭酸ナトリウムを使用しています。

ウエスを活用する

使わなくなったタオルなどの布類は全てウエスにして、キッチンペーパーをやめました。